出会いならイククル

家族のこと

毎日の鬼夫との闘婚を書いています(^-^)/

2018/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312018/06

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


鬼夫と息子


寝る前にしりとりしてました。


何度かしりとりを、進めて






息子「ひるま(昼間)」


次は鬼夫の番。


がしかし!


息子「あ!わかった!」


鬼夫「なに?」


息子「最初に"ま"がつくもの!」


鬼夫・私「そりゃ、そうだ!!

息子「で、最後に"ん"がつくもの!」


鬼夫・私「"ん"ついちゃダメじゃん!!」







こんな感じで、しりとりが進む。






さらには、ちんこ、うんちとかで、息子が爆笑。



男の子って好きよねー、こういうワード。




スポンサーサイト

鬼夫が、風邪を引いて別の部屋に寝ていると記事にしましたが、

風邪が治ってもそのままです。

先週の木曜に、息子が近所のお友達のおうちにお泊まりに行きました。

私は飲み会に参加。

とくに大きな問題もなく、楽しく飲み会に参加。

23時すぎに、鬼夫からメール。

「何時に帰ってくるの?少し飲もうよ」

本当は鬼夫とは飲みたくなかったのですが、しぶしぶ帰って飲む事に。

最寄り駅に着いたのに、鬼夫はまだ着いていなかった。
自分で誘っておいて!と思った。

ズルズルかかとを引きずった音が聞こえてきた。

いつも「かかとを引きずって歩かないで」と注意しているのに。

そのあと私はちょっとした溝にはまり

転んでしまった。酔っていて感覚も鈍っていたし。

鬼夫は、助けようともせず

「なに、酔っ払ってるんだ!」

と言ってきた。

私は「普通、助けるよ!」と言い返す。

そのまま居酒屋にはいり、会話ゼロ。

ちょっとして帰る。

帰り道の会話ゼロ。

子供がいないと、こんなに冷め切ってるとは。

自分でも驚きでした。

/ Template by パソコン 初心者ガイド

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。